記事によると

・映画『ゴジラvsコング』が日本やアメリカを除く世界各国で劇場公開を迎え、コロナ禍のハリウッド映画として随一の興行成績を記録している。

・『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする『ゴジラvsコング』は、2021年3月24日にインド・香港などでお披露目となり、翌25日には韓国・ロシア・ドイツ、26日には中国・ブラジルなど、これまでに世界38市場で公開を迎えた。

・報道によると、本作の海外オープニング興行収入は9,000万ドルを突破する見込み。

・『TENET テネット』(2020)の5,300万ドルを超え、コロナ禍のスタジオ映画としては最高の滑り出しとなる。

 

この記事への反応

でかいゴリラが勝てる要素ないんだけど

↑なんか謎アイテムあるじゃん

↑ゴリラは知能あるからな
爬虫類が哺乳類に勝てるかよ


↑ゴジラなんてデカいトカゲみたいなもんだから勝てそうじゃない?

ハリウッドだったらコングがやっぱ勝つんだろうな

このゴジラの頭の小ささなら当たりどころ良ければワンパンじゃないか?

日本にはウルトラマンがいるから…

Youtubeの予告の再生数みればメチャ盛り上がってるのは分かってたけどな

テネットは正直、何がやりたいのかわからなかった
同人誌か?って感じ


しっぽもたれてグルグルされてるシーンがゼってぇあるわ



日本公開が待ち遠しいな

 

B08WWD3YRLファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR'S EDITION -Switch (【Amazon.co.jp限定】オリジナルロゴ入りブックカバー(調査ファイル同等A4サイズ) 同梱)
 
B08XZTHSW1S.H.フィギュアーツ ウルトラマンティガ マルチタイプ(真骨彫製法) 約150mm PVC&ABS&TPE製 塗装済み可動フィギュア