相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2015年03月10日 00:45 コメントを見る

今では考えられない昔のゲームの常識「テレビ接続に一苦労」「ソフトは基本1万オーバー」「コントローラーが2個付く」など

フッフッフーーーッ

20150310003637

10

コンシューマー用ゲーム機の世界は日進月歩、技術革新の速い世界です。
昔のことなどどんどん遠ざかっていきます。今回は、最近ゲームをプレーするようになった若い世代にとっては「うそーん!」と叫んでしまうような、昔のゲームの話です。

■テレビに接続するために技術が必要だった!

任天堂の『ファミコン』が出たころには、現在と違ってゲーム機をテレビに接続するためにちょっとした技術が必要でした。
若い世代には何のことだか全然わからないと思いますが、その当時のテレビにはRF端子というものがあって、そこにファミコン本体から出ている「銅線」をつないで映像と音声を出力していたのです。
今では端子付きケーブルを差し込むだけですが、昔はドライバーなどの工具が必要だったのです。

■昔はコントローラーが2個付いていた!

現在ではコンシューマー用ゲーム機にはコントローラーが1個しか付いていないことが多いですね。
でも、昔はちゃんとコントローラーは2個付いていたのです。
『ファミコン』(1983年)『スーパーファミコン』(1990年)の時代にはコントローラーは2個ありました。
スーパーファミコンのローンチタイトルは『スーパーマリオワールド』『F-ZERO』といった2人でのプレーが楽しいゲームでしたので、当時のプレーヤーにはうれしい配慮でした。
それが変わったのは『セガサターン』『プレイステーション』(1994年)からといっていいでしょう。

■1万円出してもゲームソフトが買えない時代があった!

『スーパーファミコン』の全盛期は日本で最もゲームの値段が高かった時代といってもいいのではないでしょうか。
1万2,800円という今では信じられないような価格で普通にゲームが販売されていました。当時子供だった人からすると、ゲームは高級品、なかなか買ってもらえないものというイメージが今でもあるかもしれませんね。

■データセーブポイントが限られていた!

昔のコンシューマー用ゲーム機ではセーブデータを保存することができませんでした。
例えば任天堂の『ファミコン』では当初外部記憶装置がなかったのです。
また、ROMカセットにもデータ記憶用のメモリーを搭載していませんでした。
こんな時代に登場したRPG『ドラゴンクエスト』(1986年)は斬新なアイデアでこれを切り抜けます。
最大20文字の平仮名を使用してプレーヤーのステータスを表し、プレーヤーがこれを書き留めることでゲームの中断、再開を可能にしたのです。
これが「復活の呪文」と呼ばれるものです。このシステムは『ドラゴンクエストII悪霊の神々』(ファミコン版:1987年)でも採用されましたが、最大52文字となり、書き留めるのが難しくなりました。
そのため書き間違いが多発しましたが、それもまた楽しみの一つでした。
現在では本体内蔵メモリーや外部メモリーにセーブデータを記憶することなど普通のことですが、それができない時代があったのです。

■通信速度が遅い!

現在ではベストエフォート100Mbpsなど普通ですが、昔はネット接続の通信速度が激遅でした。
セガが『ドリームキャスト』というハードを出した当時モデムは33.6kbps。
それでもドリームキャストでは『ドリームパスポート』という独自のブラウザーソフトを用いてWebブラウジングが可能で、また『あつまれ!ぐるぐる温泉』といったオンラインで楽しむ独自のサービスも提供されました。
オンラインで遊ぶ楽しみをドリームキャストによって初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。
ちなみに、ドリームキャストの開発コードネームは「カタナ」といいますが、これは「刀」ではなく、当時セガの会長だった大川功さんが「ドリームキャストでは絶対勝たなアカン」とおっしゃったそうで、この「勝たな!」から取られたそうです。
(高橋モータース@dcp)
http://student.mynavi.jp/freshers/column/2015/03/1503082130.html


【Amazon.co.jp限定】ハロー! ! きんいろモザイク Vol.1 (オリジナルスタンディPOP付) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ハロー! ! きんいろモザイク Vol.1 (オリジナルスタンディPOP付) [Blu-ray]

KADOKAWA メディアファクトリー 2015-06-24
売り上げランキング : 1240

Amazonで詳しく見る

艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(9) (ファミ通クリアコミックス) 艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(9) (ファミ通クリアコミックス)

KADOKAWA/エンターブレイン 2015-03-14
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2015年3月10日 00:56
▽このコメントに返信

お年玉を振り絞ってようやく買えたRPGツクール2(定価12,800円)

2.とある名無しのオタコム2015年3月10日 01:15
▽このコメントに返信

セーブする方式はバッテリーバックアップで
慎重に扱わないとセーブが消える

3.とある名無しのオタコム2015年3月10日 01:20
▽このコメントに返信

ネオジオCDの読み込みは壊滅的に遅い。
95以降は三本勝負が基本
ネオジオのソフトは4万弱

4.とある名無しのオタコム2015年3月10日 04:11
▽このコメントに返信

基本的には今のゲーム事情の方が良くなってたりするけど、

コントローラーの数が2つから1つに減ったのは完全に悪くなってるんだよなぁ~

5.とある名無しのオタコム2015年3月10日 05:50
▽このコメントに返信

本体・コントローラー共に高価格化・高機能化した故だね
Dualshock3や4は実売すら5~6000円超だしな
ゲームが趣味じゃない人から見ればやっぱり高い

本体セット初期購入時の見た目上の安さも演出しなきゃいけないし
映像ケーブルや一部携帯機の電源アダプターと一緒で、必要な人は別途買えって事で

6.とある名無しのオタコム2015年3月10日 06:11
▽このコメントに返信

DQ、DQⅡの復活の呪文は本当に……親に書き留めたノートを棄てられた奴は一人はいたな。ロックマンシリーズの数字オンリーはまだ可愛い方だよ。

7.とある名無しのオタコム2015年3月10日 06:18
▽このコメントに返信

じゅもんがちがいます・・・うっ、頭が

8.とある名無しのオタコム2015年3月10日 06:23
▽このコメントに返信

FF6(定価11,400円)親にねだって買ってもらった、
改めて見るととんでもない値段だなと思う、
あの時は本当にありがとう。

9.とある名無しのオタコム2015年3月11日 10:14
▽このコメントに返信

一万円下回ってるんだから、お前らエロゲ買ってやれよ 

10.とある名無しのオタコム2015年3月11日 11:53
▽このコメントに返信

HDMIケーブル1本でTVと繋げても、オンラインアカウントの登録やWi-Fiのアクセスの設定。
8千円オーバーのパッケージを買っても終わらないDLC。
ゲームを起動しても直ぐに遊べない。メーカーロゴとミドルウエアの飛ばせないロゴの表示。
今も相当面倒くさいけどな。カセット挿してスイッチオンですぐタイトル画面出てた昔のほうがゲームプレイの環境は良かったのかも。。

11.とある名無しのオタコム2015年3月12日 00:41
▽このコメントに返信

今とは逆にソフトに対して本体が安かったんじゃないかと思う。
スーファミは当時2万5千円だったがソフト2~3本分で買えたし後から今みたいに追加で何かを買わなくてはならないということは無かった。
今と同じソフトが安く本体が高いのはPCエンジンDuoだが本体さえ買えればあとはソフトは高くとも5800円ぐらいだったので本体に投資するかソフトに投資するかの違いだった。

12.とある名無しのオタコム2015年3月22日 19:08
▽このコメントに返信

カタナのくだりが違う
刀であってる

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間