オタコム スマホ広告300_250(修正)
相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2015年01月13日 02:32 コメントを見る

ユリ熊嵐 2話感想まとめ。なんという声優の無駄遣い・・・

2話「このみが尽きても許さない」

20150113014851
fo19385

1421076859965 (1)1421076682142

14210768984261421076920094

14210769604061421076988176

14210770218991421077010565

14210770329531421077051187

14210770827001421077122756

14210770992511421077144703

14210771344761421077155856

14210771673251421077178755

14210771903541421077241455

14210772056641421077255917

14210772984511421077287226

14210773089631421077320558

14210773318011421077372153

14210773584441421077383820

14210774178141421077406437

14210774290881421077440102

14210774973691421077451684

14210775204421421077508747

14210775945451421077608821

14210776544931421077620003

14210776659281421077695387

14210777178521421077706681

14210777332091421077744546

14210777769011421077754910

1421077788343150113-0050480786-1440x810

150113-0051300319-1440x8101421077809367

14210778817051421077914302

14210779400251421077950991

14210780025321421077991463

14210780127271421078023064

150113-0053150011-1440x8101421078045569

150113-0054260068-1440x810150113-0054280428-1440x810

fa17157

fm14420

fm14421

(反応)

安らかにボタン ポチッ

1421076859965 (1)
d7b80d00a1506ef76f3d17b16457a887679e02b81370777295

サブタイの「このみが尽きても許さない」はピンドラの時と同じように、ダブルミーニング以上の意味を成してるように見えて。
一つは「この身が尽きても許さない」というこのみ側の思考的な意味。
もう一つはこのみ=好み=好きに変換した「スキ(純花)が尽きても許さない」な意味合いの紅羽側の意味

1421076727520

キービジュアルにもいるこのみちゃんがあんな一発退場なのかっていうのも不自然な気もするし、
後々蜜子か紅羽に逆恨み(?)で当たる可能性もなきにしもあらずなら「この身が尽きても許さない」でなんとなく通る気もする

2話にしてキャラクターがぽんぽん消えていってるけど、これからどういう展開になってくんだろうな

深読みさえしなけりゃストーリーはとてもシンプル。要はヒトとクマとの生存を懸けた闘争。
ただ、深読みしてナンボの作品でもあるので、考え出すと色々尽きない

紅羽以外の登場人物、というかぶっちゃけ紅羽含め主要人物全員クマだと思って見てたほうが精神的にラクかもしれぬ……ガウガウ

CV.悠木碧の包容力

百合(ユリ)って名前の奴全員熊か

20150113020859

20150113020904

20150113020921

20150113020931

1話でホラー風味の人狼ゲームが始まったと思ったら、
2話で一人の女の子を取り合う乙女ゲーム(ただし百合)になったでござる

男は熊になれないのでこの世界には存在できない

好きを諦めないことが大事だということがわかりました。(小並

「純花を追っていくと色んなことがわかる」的なことをゲーマーズ1話上映会で吉沼Pが言ってたんだけど
それはまだ純花が死んだという訳ではないのか、彼女が出てくる回想シーンが重要ということなのか

今回の重要な所。あのユリ裁判、屋上にいたのは前歯そばかすの百合川このみと百合園さんだったけど、
被告熊はやっぱり銀子とるる。さらに、紅羽も「落とされた描写」がそっくり無かった事に。
完全に裁判周りのシークエンスが実際の流れから乖離して浮いている

法廷にいるのが全員男性なのも何か意味があるのかな。
女性の綺麗も可愛いも正しいも男性によって判定される、とかそういうあれなら、
終盤に法廷はぶっ壊される展開来そうだけど

幾原監督んとこのキャラクターって愛おしくはなるけれども
萌えたりはしないのでむしろ安心して作品観ていられるんだろうなーって思うわ

冒頭の蜜子ちゃんの壇上での言葉
友達じゃなかったのに綺麗な言葉ばかり並べてて
気持ち悪いなぁってすごくインパクトあったんだけどお前が純花喰ってたんか~い

一話と二話でBパートの裁判シーン前後がほぼ同じ構成だったのは三話以降どうすんだろ。
最初はインパクトあって面白く感じても慣れてくるとだらけちゃうから、
どこかで仕掛けてくるんだろうなぁ

ん~クマがクマ同士を認識できてない所見ると”「百合」がつくとクマ”というのはミスリードで
世界のほとんどはクマって感じかなコレは

 


ユリ熊嵐 第1巻 [Blu-ray] ユリ熊嵐 第1巻 [Blu-ray]
荒川美穂,生田善子,山根希美,諏訪部順一,斎賀みつき,幾原邦彦

KADOKAWA メディアファクトリー 2015-03-25
売り上げランキング : 827

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2015年1月13日 02:37
▽このコメントに返信

わけがわからん

2.とある名無しのオタコム2015年1月13日 02:44
▽このコメントに返信

透明な嵐の説明やクマバレ意外と早かったな
裁判シーンは同じ構成どころか前より簡略化してた、もっと裏側というか真意が明らかになるのも早いかもな

3.とある名無しのオタコム2015年1月13日 10:03
▽このコメントに返信

しばらくは1話で名前が出てきたキャラ一人ずつ使いながら徐々に設定を明かしていく感じなのだろうか

4.とある名無しのオタコム2015年1月13日 21:30
▽このコメントに返信

ジャッジメンズは無性別だよ
男じゃない、天使のような存在ってなってる

5.とある名無しのオタコム2015年1月13日 21:36
▽このコメントに返信

ピングは焦らしすぎて大失敗だったからな

6.とある名無しのオタコム2015年1月14日 12:22
▽このコメントに返信

るるちゃんはでかい(重要)

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間