• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング

6割がリピ利用“同人イベント”託児サービス運営語る「ママ、パパの趣味も大切に」
https://www.oricon.co.jp/special/53763/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw
1571607585061

 

記事によると

・今年夏に行われたコミケ96の来場者は史上最多の73万人。コミケだけでなく同人イベントへの関心が高まるなか、子どもを預ける先が確保できず参加できないママ・パパがいる。

・そこで趣味と子育てを両立させるべく誕生したのが同人イベントでの出張託児サービス「にじいろポッケ」だ。主催者の四辻さつきさんは、自身の同人活動中に子どもを預ける場所に悩み託児サービスを開始。リピーターも増えているという利用者からの声や、今後の展望について聞いた。

・「託児がないなら自分で」がきっかけ 2年前に1人で立ち上げ
2017年1月にスタートした「にじいろポッケ」。東京や大阪で開催されている、女性向けの二次創作イベントを中心に託児を行なっている。四辻さんは、「託児が無いなら自分でやればいい!」という思いからこのサービスを立ち上げた。同人イベントへ出かけたくても、自分のように子ども達を預ける先に悩む親がいることに着目したという。
「2人目の出産後、イベントへ出かけたくても子どもを預けるのが大変だったんです。休日に早朝から長時間なので、義母や夫に頼むのも気が引けて。年に数回イベントに行きたいだけなのに、こんなに大変なのは困るなぁと思ったのがきっかけです」

・親と子それぞれの目線に立った保育でリピーターも増
2年前のスタート時には、料金も高く実績がなかったため利用者を集めるのが大変だったという「にじいろポッケ」。以前に開催したクラウドファンディングでは目標金額100万円に対して、347万円の支援が集まった。その効果もあり、知名度も上がり、イベント託児の需要が伺える。

 


ピンポイントに狙ってハマるのは凄いね、やはり実体験からか

 


 


コメント(4件)

1.とある名無しのオタコム投稿日:2019年10月21日 07:56▼返信
しゅごい。とうとう実施する人も出てきたか
2.とある名無しのオタコム投稿日:2019年10月21日 09:09▼返信
利益出てるのかどうかって大事な点が抜けてんぞ
3.名無しのオタコム投稿日:2019年10月21日 09:20▼返信
ママがホモ本を買う時代
4.とある名無しのオタコム投稿日:2019年10月21日 11:42▼返信
は?親になった時点で自分の人生捨てて子供に全力で尽くせよ
それが親の義務だろ

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング