• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング

世界保健機関(WHO)、「ゲーム障害」を正式に国際疾病に認定
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1186615.html
1558836803449

 

記事によると

・「ゲーム障害」を正式に国際疾病に認定
2022年1月1日に発効。CESAら国内4団体は調査研究を委託

ゲーム障害は、持続的または反復的なゲームプレイのパターン(デジタルゲーム、ビデオゲーム)を特徴とし、これはオンライン(インターネット上)またはオフラインでの可能性がある。
1、ゲームに対するコントロール障害(ゲームの開始、頻度、集中度、期間、終了、環境)
2、ゲームの優先順位を、他の生活上の利益や日常の活動よりも優先される範囲で上げる。
3、ゲームプレイにおいて否定的な結果が生じても、ゲームの継続またはエスカレートする。

これらの行動パターンは、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的、またはその他の重要な機能分野において重大な障害をもたらすのに十分な程度の重症度のものである。

・これらゲームプレイのパターンが、連続的または一時的かつ再発的であり、12カ月に渡って継続する場合、診断を適用する。

 

この記事への反応

電通に働きかけるというのに(´・ω・`)

まあひこきもり増やしたのはゲームの存在よね(´・ω・`)

ガチャはOKだな

ソニーは動くみたいだが任天堂はどうするかな(´・ω・`)

対象年齢層的には任天堂の対応のほうが大事だろうけどな(´・ω・`)


ソシャゲでも1.2.3満たせるな、というか満たしてるわ今

 


 

コメント(3件)

1.とある名無しのオタコム投稿日:2019年05月26日 11:54▼返信
12ヶ月か…イメージされるのはやはりMMOなどのネトゲだけど
年がら年中オフゲやってたら大差ないわな
2.とある名無しのオタコム投稿日:2019年05月26日 14:19▼返信
飲み会も認定してくれよ
3.とある名無しのオタコム投稿日:2019年05月26日 15:56▼返信
ソシャゲに関しては徹底的にプレイ時間も含めて取り締まれって思う
CSは最近そこまで没入できるソフトがそもそもねぇ

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング