相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2012年05月21日 07:06 コメントを見る

中国のステルス戦闘機、18年までに実践配備…米国防総省

20120521015313

遠いなw


1 名前:ちゅら猫φ ★ 投稿日:2012/05/20(日) 21:43:03.85 ID:???0

13


中国のステルス戦闘機、
18年までに実戦配備 米国防総省
CNN.co.jp 519()163分配信

CNN) 米国防総省高官は18日、中国が開発中の敵レーダー網を回避するステルス戦闘機「殲(せん)20」が2018年までに実戦配備されるとの見通しを示した。

同省のヘルベイ次官補代理代行(アジア太平洋安全保障問題担当)が連邦議会に提出する
中国の軍事動向を分析した年次報告書に関連して述べた。

中国政府当局者はこれまで、殲20型機の配備時期を17年から19年の間としてきた。
ヘルベイ氏は18年より早い時期に配備される可能性は少ないとみている。

同機は米国が開発したF22F35型機など第5世代戦闘機に匹敵するステルス能力を保有しているとされる。中国は相当数の殲20型機の配備を目指しているとみられる。国防総省の年次報告書は同機の開発を中国の軍近代化の象徴とも位置付けている。

年次報告書は、中国の軍事戦略の主眼は台湾との衝突の阻止と指摘。また、サイバー攻撃や経済上の機密を盗む活動を実行しているとし、米国の技術情報を狙う試みは今後も高水準で続くとも予想した。その上で、中国によるこれらの活動が米国の経済安保に与える脅威は増大し、消えることはないだろうとも警告した。

中国政府は今年3月、軍事費は推定11%増の約1060億米ドル(約83700億円)と発表。
しかし、米国防総省は中国の11年の軍事関連支出の総額は1200億~1800億ドルの水準と推測している。
中国の実際の軍事費は不透明な部分が多く正確な支出額を引き出すのは困難となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000015-cnn-int

5 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 21:47:17.82 ID:kI5uKK+z0
一瞬アメリカに中国機を置くと思ったわ

6 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 21:47:20.91 ID:vDqU7WfR0
日本にF35買わせる為のステマでしょ

8 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 21:49:15.87 ID:BXlUsJa60
ほんでF35をゴリ売りか・・・

9 名前:名無しさんの主張 投稿日:2012/05/20(日) 21:50:25.08 ID:R5rWjj0U0
素人は戦術を語り
玄人は戦略を語り
プロは兵站を語る

10 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 21:53:26.32 ID:0pMOXaVk0
中国に巨額のODAを拠出してきた日本政府をテロ支援国家に指定して
狂った中枢部を粛清してください。

11 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 21:57:28.81 ID:TZLLsfLE0
そもそもステルス戦闘機に対抗する兵器はステルス戦闘機なんだろうか?
J20に対抗してF35という発想がそもそも正しいのか疑問なんだが。

29 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:14:21.33 ID:ZB8ZHzRS0
>>11
俺はステルス性を強化した巡航ミサイルの導入こそ抑止力と思う。

34 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:16:58.31 ID:zuuTANYj0
>>11
>そもそもステルス戦闘機に対抗する兵器はステルス戦闘機なんだろうか?
>J20に対抗してF35という発想がそもそも正しいのか疑問なんだが。

相手から見えて、こっちから見えなかったら話にならないべ。
互いにレーダーで捕まえにくい状況になって、やっとこイーブンだ。

もっとも、中国製の性能がアメリカ製に伍するかどうかは別の話だが。

14 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:01:47.83 ID:ZZp9FfZ70
無人ステルス潜水艦作ってそれに対空ミサイル積んだらどうだろう?

16 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:02:47.30 ID:yPNotDz10
張り子の虎でも予算要求するネタにはなるがな。

18 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:06:49.13 ID:rb+PXpDR0
そういや、ハリボテのAWACSはスクラップにしたんだっけ?

19 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:08:16.66 ID:wU4aMmPp0
アメリカは 中国市場目当てで 甘やかしてきたから しょうがない 

20 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:08:25.48 ID:KIvUZlgd0
戦闘機は結局はエンジンとアビオニクス次第だしな。

24 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:10:15.91 ID:MnJh9oo+0
「取り敢えず作りました」とでかでかと書いてある様な中華ステルス
モノになるとは思えんのだが・・・

30 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:14:27.09 ID:+8N7IKhDO
日本が防衛に力入れる為に改憲の方向にするいいチャンスだ。
危機には「危険」と「機会」があるのさ。

31 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:14:29.05 ID:xSq8GbHK0
まあ出来ないかもだが、もしも出来た時の事を考えて対抗配備しとかないとな。

33 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:15:22.92 ID:MW9c0uLF0
領空侵犯されても気がつかないだろうな。ステルス機だから

36 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:18:23.08 ID:FDAZQPiK0
日本が進める軍事力強化部分は射程2000km程度の精度の高い核ミサイルの配備だと思う。
ICBMでなければ他の周辺国には脅威にならないけど特定国には抑止力として働く。

40 名前:名無しさん@12周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:19:47.46 ID:aOphVuN80
捨てるす

55 名前:名無しさん@十一周年 投稿日:2012/05/20(日) 22:24:03.91 ID:frE9QODU0
こんな状況で納期のはっきりしない高額な戦闘機なんか暢気に選定してて
大丈夫なんだか・・・

コメント

1.2012年5月21日 07:35
▽このコメントに返信

確かにアメリカまでは届かないようなやや短い射程の核弾頭搭載ミサイルなら余計な批判を起こさずに特アだけに脅威を与えることも可能だな
どうしてもロシアには届くだろうがw

2.とある名無しのオタコム2012年5月21日 09:06
▽このコメントに返信

ステルス機つったって複数のレーダー相手だと大してステルスじゃねーんだよなー。

3.とある名無しのオタコム2012年5月21日 09:37
▽このコメントに返信

J20が飛ぶ頃には、ロシアのT-50も飛んでいる。
周辺国がステルス機配備しているのに日本は・・・

4.汚濁込む2012年5月21日 09:50
▽このコメントに返信

パクルしか能のない国が、どうやってそんな高性能機産み出せる。まぁ、アメ肛から意図的な技術漏洩でも無い限り、不可能だわな。そしてアメ肛は、更に遥か上を逝く物を産み出している、と。確かに油断禁物だが、剰り怖がる必要もない。冷静に為ろう。其と、核ミサイルなら、ワシントンDC迄届くの一択だ。アメ肛コソが、日本の真正敵国だからだ。

5.サキ2012年5月21日 10:40
▽このコメントに返信

私のJ 20を使え。J20 はデルタ翼機だ。加えて、空気取り入れ口の横にカナード翼を備えている。安定性は並みのデルタ翼機の比ではない

6.あほか2012年5月21日 10:45
▽このコメントに返信

※5
カナードなんてステルス性の阻害要因。
安定性なんて空戦能力の阻害要因。
こんなスレ覗くくらいなら、少しは勉強しろよ。

7.2012年5月21日 12:40
▽このコメントに返信

日本の文化は好きだけど日本人は死ねっていってたクソチャイナ♀にそっくりそのまま返してやりたい(憎悪)

8.とある名無しのオタコム2012年5月21日 13:22
▽このコメントに返信

※6
冗談を言ったつもりが、相手に「あなたの冗談がどこが面白いのか説明して下さい」と言われる人の気持ちを考えてあげて下さい。

9.とある名無しのオタコム2012年5月21日 16:47
▽このコメントに返信

軍事ネタ→エリア88なんて古い定石が通じるとは限らないってこった・・・ゆとり多いし
そもそも潜水艦から対空ミサイル(キリッとか的の外れたコメをするような門外漢ばっかだし

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間