オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2014年09月03日 19:00

otomeA005

【PR】9月12日まで限定!女装子好き必見!!『乙女理論とその周辺』と「月に寄りそう乙女の作法」アペンドディスクのセットが販売!【DMM.com】

女装してお嬢様学院に潜入しちゃおう!妹もいるよ
  • 【PR】9月12日まで限定!女装子好き必見!!『乙女理論とその周辺』と「月に寄りそう乙女の作法」アペンドディスクのセットが販売!【DMM.com】 はコメントを受け付けていません。
  • タグ: , ,
  • カテゴリ:DMM, 美少女
otomeTOP001
【参考情報サイト:http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002
otomeTOP002
【参考情報サイト:http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002

Navelが2012年10月から提供している『月に寄りそう乙女の作法』の続編、『乙女理論とその周辺』。ユーザーアンケートでもっとも希望の多かった、実の妹である「大蔵りそな」が禁断の攻略キャラ化!!

女装モノ+お嬢様学院潜入という、禁断×禁断の果実を味わっちゃいましょう。

前作から舞台を一新して、お家騒動要素や妹要素を組み込んだことで、より一層世界観は広がったとのこと。

制作スタッフは『月に寄りそう乙女の作法』の製作陣のまま、原画は鈴平ひろ先生や西又葵先生が担当しています。

『月に寄りそう乙女の作法』を楽しんだひとも、楽しんだことのないひとも、これを機にアブない趣向をプレイしてみるのも手ですよ。

※2014/9/12 10:00 で販売を終了致します。予めご了承ください。
※アペンドディスクを遊ぶにはダウンロード版「月に寄りそう乙女の作法」をご購入いただく必要がございます。

【参考情報サイト:http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002

オシャンティでドラマを感じるOPはこちら

http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=spal_0079/

◆あらすじ◆

主人公『大蔵遊星』は、日本の財界を代表する“華麗なる一族”大蔵家の末端に、望まれぬ子として生を受けた。長じて人並みの夢と希望を手に入れた遊星は、性別を偽り『桜小路ルナ』に仕えることで、大蔵家という自らを閉じこめる籠を脱して夢の一端に触れることができた。しかし些細なミスで掴んだ夢の端は崩れおち、居場所をなくした遊星は、兄に拾われて再び籠の中の鳥となった。

遊星の妹『大蔵里想奈(りそな)』は、大蔵家の嫡子と正妻の間に生まれ、愛の上に愛を重ねて大切に育てられた。何一つ不自由なく育てられた里想奈だが、幾重にも重ねられた両親の愛は、やがて固まり歪な繭となって、さなぎになる前の彼女を包みこんだ。里想奈が気付いた頃には、その繭は自力で破れなくなってしまった。居心地の良い繭の中で抵抗する気力を奪われ、里想奈は外へ出ることを捨てた。

――ある日、彼らの兄は試みとして、籠の中へ繭を放りこんだ。

里想奈は外の世界に憧れて、兄に尋ねた。「私は繭の外へ出られますか」遊星は繭を啄き、その殻を嘴で壊せることに気が付いた。

「出られるよ」

安全だった籠と繭を捨て、遊星と里想奈は微笑みあいながら同じ言葉を口にした。「二人なら旅立てる」――『フィリア女学院日本校』へ通えなくなった遊星のため、りそなは『パリ本校』への留学を提案する。遊星は再び庶民の娘『小倉朝日』となり、りそなに使えるメイドとして、服飾専修機関へ通うこととなった。

パリには新しい少女たちとの出逢いがあった。純粋な心に卓越的な才能を持ちあわせる『メリル』。その主人であり、明るく親切に二人を迎える『ブリュエット』。同級生の『リリアーヌ』や、個性的な留学生の『ディートリンデ』。そしてそれぞれの従者たち。

新しい国で様々な出会いを経験し、遊星兄妹の主従としての生活が始まった。遊星=朝日は自らの夢を追い、りそなは自立するための勇気を求める。しかし全てが前途洋々に進むはずもなく、新天地の厳しさ、二人を逃がした兄、さらには大蔵家の追跡が襲いかかる。

果たしてお互いの願いを支えあいながら、遊星兄妹は学院生活を送ることができるのか?

【乙女たちのプロフィールはこちら】

『小倉 朝日/こくら あさひ』CV:月乃和留都 ※アペンドディスクのみ

otomeC002

本名は「大蔵遊星」であり「小倉朝日」は性別を隠すための偽名。

性別や素性を偽り、妹である『大蔵りそな』に仕えるメイドとして『フィリア女学院パリ校』へ通う。以前に暮らしていた『桜屋敷』では、半年の間性別を隠して自然に振るまっていた。もとから万能ではあったものの、使用人として過ごすうちに家事全般のスキルは格段に上がった。本人は「服飾デザイナー」の道を望んでいるものの、周囲に「パタンナー」としての才能を見出され、進路に迷う若者らしい一面も。

極めて正常な恋愛観を持っており、同性や兄妹間での交際は考えていない。

もとは『桜小路ルナ』に仕えていたが、性別が露見したために放逐同然の形で館を追われた。『桜屋敷』を出てからは兄に拾われ、一時落ちこみはしたものの、持ち前の明るさで現在は前向きに暮らしている。幼い頃に教育の一環として世界各地を周遊させられたため、海外での生活はお手のもの。

以前にパリを訪れたこともあり、フランス語も堪能。その経験を生かして、海外留学を望む妹『りそな』を側で支えるために、再び女装をして服飾専修機関へ潜入することになる。

「ここには夢と希望と未来の全てがあるんだ。僕がりそなを支えてみせる」

『大蔵 りそな/おおくら りそな』CV:咲野かなで

otomeC007

主人公『遊星』と血の繋がった実の妹(異母兄妹)。

負けず嫌いで自尊心が高いものの、見知らぬ人間の前では無口になる典型的な内弁慶。両親のいない環境で同世代の人間と接する際は対人恐怖症の域に達しており、長く不登校の時期を過ごし、現在も続いている。幼い頃に主人公と出会い思慕の情を抱くも、その後は思春期の年齢に達するまで再会することはなかった。

そのために通常の兄妹とは違い別居期間が長く、その結果憧れが肥大化し、本人曰く恋愛感情にまで発展している重度のブラコン。

その他の家族に対しては、権力や財産のために争っている様を目にしていることから、同じ類の人種にはなりたくないと『遊星』に対するものとは全く逆の冷めた見方をしている。しかし自身が他の家族と比べて能力的に劣っていることは認識しており、周囲の期待や失望に押しつぶされた結果、ある程度達観した位置から斜め下に世の中を見るようになった。兄の『衣遠』の近くで育ち、彼の能力至上主義に照らし合わせると「価値のない人間」ということになるため、母のいない場所では「無能」と罵られ続けてきたことも、世間を達観して見ている理由に含まれる。

家族の前では楚々と振るまい、信頼している人間の前でのみ本性である冷めた自分を見せる。そのために親しい相手と接するときほど毒舌を振るうという厄介な性格に育っており、本人も自覚している。本性を見せる際の彼女は大雑把で、寝転がってポテチを食べる姿は庶民そのもの。

趣味はネット徘徊やオンラインゲーム。特にオンラインゲームの世界では大蔵家の財力を遺憾なく発揮し、廃神(廃人を超えた)プレイヤーとしてハンドルネームを馳せている。友人と呼べるのは、同じく引きこもりに近い生活を送っていた『桜小路ルナ』と、幼馴染みである『柳ヶ瀬湊』の二人のみ。上記の環境は全て認識しており、いつかは引きこもりから脱却しなければと常に思っている。

現状から脱却するために新天地での再スタートを望み、兄である『遊星』にパリ留学への同行を依頼したことが今作の始まり。

「聞いてください、妹、とうとう見つけました。スウェーデンには異母兄妹の結婚を認めた判例があってですね」

『メリル・リンチ』CV:春野かがり

otomeC006

フランスの中でも、過疎化の進む片田舎の修道院で育った素朴な少女。

ニューヨークからパリへ引っ越してきた両親とは死に別れ、現在は天涯孤独の身。村から外へ出た経験がほとんどなく、親切な村人のみと接してきた純粋培養の善人。修道院には老若男女様々なタイプが訪れたので、人と話すことに抵抗がない性格。

幼少時に修道院へ預けられていた『ブリュエット』とは幼なじみの関係。その頃に、女性同士で結婚ができないということを知らないままブリュエットと見様見真似で式を挙げた経験を持つ。

現在でもブリュエットとの交流は続いており、彼女から付き人として誘われ『フィリア女学院パリ校』へ通うことになる。修道院では、衣服の修理や、時には一から縫いあげることをしていたため、立体裁断や縫製の技術を高いレベルで身に付けている。

「いいえそんな、気になさらないでください。どうしてお礼を言われているのかわかりませんが、きっと神の思し召しです」

『ブリュエット・ニコレット・プランケット』CV:戸世高 梨衣奈

otomeC004

自らの身分を省みない、奔放で明るく、親切な旧貴族のお嬢様。

前作のヒロインであるユルシュールの『ジャンメール家』や、瑞穂の『花之宮家』にも劣らない家格を持った、欧州の貴族『プランケット家』の長女。性格には気取ったところがなく、フォーマルな場でなければ誰が相手でも同じ話し方をする。フランス内の上流階級で育ったお嬢様界隈に友人が多く、クラスでも他の同級生から信頼を受けている。

お嬢様育ちのため金銭感覚に鈍いところがある。親切だと思えば迷いなく使うため、しばしば両親に注意されている

『プランケット家』の家訓は幼少時を修道院で過ごすと決められており、そこで孤児として預けられていた『メリル』と知りあう。幼い頃の遊びでメリルと婚約を交わしている。メリル側は子どもの頃の戯れとして意識していないが、ブリュエットは今でも当時のことを口にしては相手を困らせている。メリルのために何かをしたいという気持ちから、その服飾の才能を伸ばすために正しい授業を受けさせるべきだと考え、自分の付き人としてプランケット家で雇い『フィリア女学院パリ校』へ進学する。

本人が目指しているのは女優業であり、服飾生としては卒業できるだけの成績を修めれば良いと考えている。周囲には「モデル志望」と嘯く。

「そんな義務的に言われても、気持ちが伝わってこないよ?」

『リリアーヌ・セリア・ラグランジェ』CV:たなかりお

otomeC008

主人公たちと同じクラスで学ぶことになるフランスの旧貴族家の娘。

服飾の成績は優秀で、まだスイスにいた頃の『ユルシュール』が落選したコンテストの幾つかで入賞を果たしている。その実力から学級委員を務める。常に浮かべている柔和な表情とその温厚な性格、そして貴族の中でも地位が高いことなどから、クラスメイトや教師たちの信頼も厚い。

教室の空気に馴染めないでいたりそなに、自分から声を掛けた一人。

「真心を込めてもう一度。リリアーヌ・セリア・ラグランジェ、以後お見知りおきを」

『ディートリンデ・ツヴァイゲルト』CV:木立さやか

otomeC005

ドイツからの留学生としてやってきた、主人公たちの同級生。

日本に好意的な感情を抱いており『りそな』と最初から親しく接する。『ルナ』や『ユルシュール』に劣らないほど自尊心が高く、負けず嫌いな性格。しかし服飾の経験は皆無であるため、隠れて『朝日』によく質問をしている。父母がともに現役の政治家であり、国内外の貴族や資産家など多岐に渡る交際範囲を有している。支援者も多く、由緒ある家庭ではないものの実家は裕福。

半面、両親は家庭の面倒をあまり見られず、娘の世話を軍人あがりの祖父に任せてしまい、その結果やや旧態じみた考え方をディートリンデは身につけた。

忙しさのあまりに放置していた両親だが、他所からの評判を耳にしてようやく娘が危険な育ち方をしていることに気付き、女性らしい技術を身に付けさせようと、半ば強引に祖父から引き離して『フィリア女学院パリ校』へ進学させた。服飾の知識はないものの、負けず嫌いな性格のため、授業に遅れをとらないよう日夜勉強している努力家でもある。

「Heil」

『華 花/か か』CV:大花どん

otomeC001

主人公たちの同級生である『リリアーヌ』に仕えるメイド。主人から注意を受けないため、しばしば毒舌や低俗な単語を使用する。

言動はふざけているものの、家事や服飾面の実力は一級で、パタンナーとして優秀。縫製も丁寧で周囲が感心するほどの几帳面さを持つ。料理は実務だけではなく趣味としている。得意料理は「火鍋」。

普段は冷静だが、下ネタの性知識に時おり間違があり、それを指摘されると怒りながら「処女じゃないですよ」と言い逃れをする処女。

「源氏名はアケミです。人前ではこちらの名前で呼びなよ」

『ヴァレリア・テレンチェヴナ・ブッテルスカヤ』CV:萌木こころ

otomeC003

留学生『ディートリンデ』のメイドのロシア人。「ロシア人を好きに扱いたい」という理由でディートリンデに雇われた。

家族はシベリアの田舎で貧しい生活をしていたが、ヴァレリアからの仕送りで暮らしが安定した。そのため、どれだけ粗末な扱いを受けても本人は喜んでいる。フランス語を完全に習得しておらず、単語単位で区切って話す。

服飾の勉強は未経験だったが、ディートリンデの留学に同行するため、彼女の両親と相談して一年で相当の技術を身に付けた勤勉さを持つ。

「温かい。好き。ボルシチ」

☆えっ○なCGはこんなの☆

otomeA005
otomeA006
http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002
otomeA004
otomeA003
http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002
otomeA002
otomeA001
http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002

『月に寄りそう乙女の作法』をより楽しめるアペンドディスクがセットで販売!!

tukiniyorisou001
tukiniyorisou002

小倉朝日フルボイスディスクや、各ヒロインのアフターストーリー、2013年4月1日に実施したエイプリルフール企画『月に寄りそう乙女の作法 衣遠兄様の華麗なる一日』が愉しめちゃえる特典が封入されています。

『月に寄りそう乙女の作法』をお持ちでない方も、この機会にGETして、是非とも楽しんじゃいましょう。

※アペンドディスクを遊ぶにはダウンロード版「月に寄りそう乙女の作法」をご購入いただく必要がございます。

※2014/9/12 10:00 で販売を終了致します。予めご了承ください。

【参考情報サイト:http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=navel_0002

転載元:DMM.com

おすすめサイト最新記事一覧

DMM, 美少女」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧