オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2014年08月13日 13:09

20140813032614

人工物質『メタマテリアル』で”透明マント”現実に!?

エロイ使い方しか思いつかない

27

nkx20140812eaag-02

100年以上前に書かれたH・G・ウェルズの小説『透明人間』から、体に巻くだけで透明人間になれる映画『ハリー・ポッター』の“透明マント”まで、自らを透明にするという魔法はたびたびサイエンスフィクション(SF)に登場してきた。人類が昔から空想し、憧れてきたこのテクノロジーが今、まさに実現されようとしている。最先端科学が実現した、光を自在に操る人工物質「メタマテリアル」がその魔法を解き明かす。(藤木信穂)

メタマテリアルは日本語で「超越した物質」の意味を持つ。光を人工的に操り、自然界には存在しない特性を持たせた物質のことをいう。例えば、屈折率が「負」になる物質だ。メタマテリアルを使って誘電率と透磁率を操ると、負の屈折率も実現できる。

「透明マントが実現できるかもしれない」と世界を驚かせたのが、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのジョン・ペンドリー教授らが06年に米サイエンス誌に発表した理論だ。「特殊な屈折率を持つメタマテリアルで物体を覆えば、その物体は透明になったように見える」。メタマテリアルを使って、物体の背後から来る光をその物体で遮られないように迂回させれば、我々の目には物体が存在しないように映るというのだ。

3次元構造のメタマテリアルが実現すれば、光をあらゆる方向に曲げられるようになる。これを可能にしたのが、理化学研究所の田中拓男准主任研究員らのグループだ。09年、田中氏らは光を使って金属をナノメートル寸法の3次元構造に加工。3次元構造のメタマテリアルを世界に先駆けて作製した。

⇨記事の続きや他の記事は、有料電子版でご覧いただけます。

※会員記事の一般公開部分のみ引用しました、全文は元サイトで御覧ください ※要ログイン
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720140812eaag.html


(この記事への反応)

浮遊する生首が普通になるんですね?

エロい事しか思い付かない

問題は中から視界確認できるのか?

これを心神につけたら世界最強のステルス

おすすめサイト最新記事一覧

オタクnews & ネタ, トレンド」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年8月13日 19:32▽このコメントに返信

ステルス機はレーダーに感知されない素材でコーティングしてるのに、この素材をまとったらレーダーを無効化出来なくて探知されるじゃねーかw

2.とある名無しのオタコム2014年8月13日 20:29▽このコメントに返信

自分の体に塗りたくればワンチャンあるで・・・

3.とある名無しのオタコム2014年8月13日 21:07▽このコメントに返信

これは…使えますねぇ…

コメントを残す

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧