相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年07月26日 11:07 コメントを見る

塩水で走る電気スーパーカー、ついに公道デビュー

ブッ飛んだデザイン

20140726021323

35

140723nanoflowcellhomologation-3

140723nanoflowcellhomologation-1

140723nanoflowcellhomologation-2

後ろ姿がなんとも言えない顔してる。

塩水で走るスーパーカーQuant e-Sportlimousineが、ついにドイツとヨーロッパの公道で乗れるようになりました。
今年の3月にジュネーブモーターショーでデビューして以来注目を集めてきたこの車、スペックにも見どころが盛りだくさんです。

全長5.25m超、幅2.2m、高さ1.35m。全長5m超えるサイズ感なんて、もうちょっとしたリムジンですよね。
それからランボルギーニのように上方へ開くガルウィングドア。ドアが開く様子はとても迫力がありそうです。

しかもこれだけ大きい車体でありながら、トップスピードは380km/h。100km/hに到達するまでにかかる時間はわずか2.8秒といいます。
これはマクラーレンP1と同じレヴェルです。というのもこのQuantは、車輪1つごとに電気モータを備えていて912馬力もあるからなわけですが、この馬力が公道で発揮される日はもちろんないかと思われます…。

ウッド調の近未来的なインテリアも気になるところではありますが、1番の特徴は、やはりnanoFLOWCELLと呼ばれる電池。
酸化還元反応を利用したこのテクノロジーは1976年にNASAとアメリカの宇宙プログラムが開発したもので、おかげで塩水を動力とした航続距離600kmを達成しています。

そして前述した車体の大きさ、実はこのnanoFLOWCELLに利用するために積まなくてはならない電解液の量とも関係しているようですよ。

十分な発電をするにはたくさん積んでおかなくてはならないってことなのでしょうか。

http://www.gizmodo.jp/2014/07/post_15090.html


(この記事への反応)

錆びてすぐダメになりそう

船に使えそうだな

リアが鬱っぽいな

なんか知らんが、ぬ~ん としとる

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年7月26日 11:23
▽このコメントに返信

海水ぶちこめばいいの?

2.とある名無しのオタコム2014年7月26日 11:49
▽このコメントに返信

海軍が欲しがってるだろうな。陸軍なら人間の血液ってところか・・・

3.とある名無しのオタコム2014年7月26日 12:44
▽このコメントに返信

んで、潮はどこから吹くのかね?(謎

4.とある名無しのオタコム2014年7月26日 12:44
▽このコメントに返信

まじりっけなしの純粋な塩水でないと、故障してしまいそう

5.とある名無しのオタコム2014年7月26日 18:03
▽このコメントに返信

日曜大工でお父さんがつくったんじゃねえんだから
そんなに簡単に錆びるかwww

6.とある名無しのオタコム2014年7月26日 20:54
▽このコメントに返信

でもお高いんでしょ?

7.とある名無しのオタコム2014年7月27日 00:30
▽このコメントに返信

600km走ったら電池ごと交換するの?

まさかの一次電池!!!

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間