オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2014年07月24日 20:26

20140724201528

TBS、7月クールの全ドラマが2週目で視聴率1ケタ台の惨敗状態に

通常通り

14

早くも、SMAP・木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系/月曜21時~)の一人勝ちといわれる7月クールの連ドラ。
気づけば、第2話で2ケタを記録したのは『HERO』のみという、近年まれに見る厳しい状況だ。

「初回26.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好発進だった『HERO』でさえ、第2話では19.0%まで急落。
たった1週で7.5%も落とすことは、過去をさかのぼってもなかなかありません。

今期は、『匿名探偵』(テレビ朝日系/金曜23時~)を除くすべてのドラマが、回を追うごとに数字を落としている。
近年はメディアが増えたこともあり、一人ひとりが短時間で“本当に必要な情報”を選定する時代。
連ドラも例外ではなく、初回の“お試し”できっぱりと見切る、シビアな視聴者が増えたということでは?」(芸能ライター)

現段階で、特に惨敗ぶりが目立つのはTBS。小泉孝太郎主演『ペテロの葬列』(月曜20時~)、水川あさみ主演『東京スカーレット 警視庁NS係』(火曜22時~)は、共に最新話で6%台までダウン。

井浦新主演『同窓生 ~人は、三度、恋をする~』(木曜21時~)と、脚本家・キャストが毎回変わる一話完結作品『おやじの背中』(日曜21時~)についても、最新話で1ケタを記録した。

「初回で田村正和と松たか子が出演し、15.3%の好スタートを切った『おやじの背中』でさえ、役所広司と満島ひかりに
バトンを渡した第2話で、まさかの大幅ダウン。TBSは大量にCMを打ち、ヒットを期待していたため、この急落ぶりは誰も予想していなかったでしょう。

ただ、次回の脚本は『北の国から』(フジテレビ系)で知られる大物・倉本聰が手掛けている。
もう後がないTBSは、現在『おやじの背中』に望みを賭けている状況です」(同)

現時点では、全滅状態といえるTBS。しかし、まだ物語は序盤。今後の起死回生に期待したい。
http://news.livedoor.com/article/detail/9073105/


(この記事への反応)

全日一桁とかやってたのってどこだったっけ

テレビを見る暇もなく働いてるんじゃない?
政府のおかげですかwwww
SHINE

TBSに関してはいつも通りです

テレビも再編してはどうか

おすすめサイト最新記事一覧

オタクnews & ネタ, トレンド」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年7月24日 20:40▽このコメントに返信

自然淘汰ってことでいいんじゃね
テレビとラジオの関係みたいに
インターネットとテレビの関係になるだけでソ

2.ルゥ2014年7月24日 21:11▽このコメントに返信

同窓生は観てるしオヤジの背中の2話も観たよ。何気に面白い。

3.とある名無しのオタコム2014年7月24日 21:29▽このコメントに返信

テレ朝といえば、大石静脚本の『ゼロの真実』も相当つまらないんだが話題に上がってないなw
フェミニズム全開で主人公持ち上げしかない古臭いシナリオは老害の極みなんだよねぇ。
ああでも、武井咲がヒロインだからマスコミはたたけないのかw

4.とある名無しのオタコム2014年7月24日 23:04▽このコメントに返信

CMが 嫌だ。所ジョージの あっちゃこっちゃなど。
録画でうちはみているよ。だって、リアルタイムで見るほど価値がないんだもの。

5.とある名無しのオタコム2014年7月24日 23:06▽このコメントに返信

>ああでも、武井咲がヒロインだからマスコミはたたけないのかw

ワロタ!

コメントを残す

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧