相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年07月03日 17:07 コメントを見る

デキない人ほど睡眠時間を削っている!脳科学が実証

疲れたら寝ろと

20140703161539

11

img_e23ec04580561cbdf04da61c2eff9d0642736

デキない人ほど眠る時間を削っている
脳科学が実証! グズ、ノロマが変わる【2】ストレス

仕事の効率を上げる答えは脳にある。脳のポテンシャルに大きく関わるストレスや睡眠、運動などをどうコントロールするか。3人の脳科学者に聞いてみた。
仕事をこなすために多くの人が睡眠時間を削っている。統計を見ても日本人の睡眠時間は年々短くなっている。
ところが、「長時間睡眠をとったほうが脳のポテンシャルが上がる」という興味深い実験結果がアメリカで発表された。スタンフォード大学睡眠障害臨床研究所のシェリー・マーが行った実験は次のようなものだ。
大学のバスケットボール選手に、無理にでも10時間眠るように指導し(これは通常の睡眠時間に比べ約110分長い)、2カ月間その効果の経過を観察した。すると、なんとダッシュのスピードがどんどん速くなり、最終的にフリースローの成功率は9%、スリーポイントシュートの成功率も9.2%アップしたというのだ。
もちろんトレーニングの積み重ねが重要なのはいうまでもないが、同じトレーニングをした場合でも睡眠時間を長くとったほうが、約10%もパフォーマンスがアップするという結果。睡眠は量より質ではなかったのか?

「睡眠の質が大事なことはもちろんですが、睡眠時間の長さは、どうやら質では補えない脳本来の潜在的な能力を引き出すようなのです。実験はスポーツマン対象でしたが、ビジネスマンにとっても長時間睡眠は仕事の生産性をアップする可能性があるのでは」と分析するのは内田直教授だ。

睡眠は、脳細胞が修復され、脳の活動に必要な脳内物質の再合成が行われる、脳の力の基礎固めの大事な時間。

記憶の固定化も眠っている間に行われるという。

記憶をするなら、寝る前の2~3時間がゴールデンタイム。この時間に資格や語学の勉強をするのは大正解。
単純記憶だけではない。アイデアが湧いてこないときには、「一度あきらめて寝てしまったほうがいい」というのが脳科学者たちの一致した意見。

「解くのにひらめきが必要な数列の問題の比較実験で、被験者を8時間起きている、7時間起きていて1時間寝る、1時間起きていて7時間睡眠をとる、の3グループに分けて問題を与え、8時間後に回答を求めたところ、一番成績がよかったのが7時間眠る組だったのです」(篠原菊紀教授)

寝ている間に脳が問題を解いてくれる。グリム童話の「小人と靴屋」みたいにうれしい生産性向上ではないか。
澤口俊之教授も「寝る前に明日やることをメモする習慣をつけておけば、無意識に情報が整理され、斬新な企画や問題の解決方法がひらめくことが大いに期待できます」とアドバイスする。

調査によると40代の4割は6時間しか寝ていない。睡眠不足により脳の持っているポテンシャルを上手に引き出す機会を失っているとしたら、もったいない話だ。
http://president.jp/articles/-/12860


(この記事への反応)

15時間睡眠の俺はやればできる奴

知ってたけど
全部ブラック企業が悪い

デキない人ほど正社員にこだわり
そして残業時間を成果と思いたがる

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年7月3日 17:10
▽このコメントに返信

睡眠時間増やしたら家での自由な時間も減るじゃん

2.とある名無しのオタコム2014年7月3日 18:20
▽このコメントに返信

オールで前日にレポート書いて
ぼっちなのにミサワ化する俺はサイコーにデキない

3.とある名無しのオタコム2014年7月3日 20:45
▽このコメントに返信

やべー寝てないわー実質3時間しか寝てないわー

4.2014年7月3日 21:51
▽このコメントに返信

自由時間増やすために削るしかないねん

5.とある名無しのオタコム2014年7月3日 22:06
▽このコメントに返信

分かる(絶望)

6.とある名無しのオタコム2014年7月4日 22:34
▽このコメントに返信

※1
睡眠時間削らないと自由な時間がない仕事している時点で論外なんじゃなかろうか
できる人間ならそこをコントロールできる仕事をするんでね

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間