相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年07月02日 01:10 コメントを見る

ゴキブリの糞や屍骸の吸引が原因で『ゴキブリぜんそく』が日本で流行する!?

ぎゃああああああああ

20140702005952

19

この夏、ゴキブリぜんそくが日本で猛威を振るう?- 週プレNEWS(2014年7月1日12時00分)

梅雨真っ盛りで蒸し暑いこの季節、昆虫も活動的になる。もちろん、ゴキブリもその一種だ。多くの人に嫌悪感を与えるゴキブリだが、なんと“ぜんそく”の原因である可能性が指摘されているという。

「実は“ゴキブリぜんそく”というのがあるんです。これはゴキブリの糞(ふん)や体液、死骸の一部などを吸入してアレルギーを起こし、ぜんそくになる病気です」

そう語るのは、呼吸器疾患・アレルギー疾患・内科疾患に詳しい東京・池袋大谷クリニックの大谷義夫院長だ。

「これまで、アレルギー性のぜんそくといえば、ダニが中心だと思われてきました。しかし、アメリカの都市部では、ホコリの中にゴキブリアレルゲンが多量に含まれていることがわかり、ダニよりもゴキブリにアレルギーを示すぜんそく患者が多いことがわかって、ゴキブリぜんそくが社会問題化しているんです。日本のアレルギー専門医や呼吸器学会専門医の間でも、日本国内において今後、ゴキブリぜんそくが注目されると考えられています」

実際、すでに国内でも41歳の母親と11歳の女児、10歳の男児の家族でゴキブリぜんそくの報告があるという。

「この家族には、ダニやハウスダストのアレルギーはなかったため、最初はストレスや心因性によるぜんそくと考えられていました。しかし、入院して自宅から離れるだけで改善したので、ゴキブリアレルギーの血液検査をしてみたところ陽性でした。自宅を見てみると、あまり掃除がされていなくてゴキブリが多く、駆除して清潔な環境にしたら、この3名はぜんそくの再発もなくなったとのことです」(大谷氏)

では、今まで原因不明だったり、ダニやハウスダストのせいだと思われていたものも、少なからずゴキブリ由来だったのか?

「ちなみに、海外でのアレルギー患者のゴキブリ感作(かんさ)率(アレルギー陽性率)は、台湾で54.9%、アメリカのケンタッキー州で36.9%、インドでは35%という報告があります」(大谷氏)

こうした世界的な流れを受けてか、日本のアレルギー検査会社は、保険適用ができる33項目のセットを今年1月から36にし、その中にゴキブリを入れたほどだ。

夏に向け、ゴキブリが大増殖する時季。夏カゼが治らず、咳が止まらない…とか思って検査したら、その先にゴキブリぜんそくの陽性率が多数報告される事態になりかねない!

http://news.infoseek.co.jp/article/shupure_32093

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年7月2日 05:18
▽このコメントに返信

最近は、医師の指導の下でアレルゲンを定期的に摂取することでアレルギー反応を抑える治療があるらしいね。

ゴキブリ食べるんか。

2.とある名無しのオタコム2014年7月2日 07:26
▽このコメントに返信

知らない間にゴキ糞を吸っている我々

3.とある名無しのオタコム2014年7月2日 10:38
▽このコメントに返信

エグい事知ってまった。ゴキブリ大嫌いなので、ホウ酸団一年中置いてるけど、もっと増やそ。

4.とある名無しのオタコム2014年7月2日 11:44
▽このコメントに返信

朝鮮ゴキブリの糞の形したお菓子が若者(ごく一部)に流行してるのは知ってた。

5.クー子2014年7月2日 15:58
▽このコメントに返信

北海道に住んでる俺には関係なかった。まったくいないわけではないが、それでもいないに等しい

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間