相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年06月21日 01:10 コメントを見る

オランダのチームが100%の精度で量子テレポーテーションに成功!!

わからん!

20140621005828

30

テレポーテーションとは、ある地点から別の地点へと一瞬にして移動することをいうが、そんな夢のような実験に100%の精度で成功したとオランダ・デルフト工科大学が発表! 「量子もつれ」という現象を利用して、1つの粒子が3m離れた地点にある別の粒子へ光速を超える速さで情報伝達したのを確認した。

量子テレポーテーションとは、2つの粒子間にある「情報の伝達」の事を指し、実際に「物質」がA地点からB地点に移動するわけではない。
とある2つの粒子(A,B)があるとしよう。「量子もつれ」の関係にあるこの2つの粒子は運命を共有する双子のような存在で、それらの性質は合わせてひとつ(±0)。粒子Aと粒子Bのスピン状態は右回り(+)にも左回り(-)にもなり得るが(重なり合った状態)、そのどちらがどちらかはわからない。 しかし、仮に誰かがその2つの粒子の1つを「観測」した瞬間に、もう1つの粒子の状態が自動的に確定する。2つの粒子が「量子もつれ」の状態にある以上、”外部からの干渉が無い限り”、その粒子間の距離は数cm先であれ数光年先であれ関係なく情報が伝わるのだ。 デルフト工科大学のロナルド・ハンセン教授はこう話す。
「2つの粒子が量子もつれの関係にある時、それらのアイデンティティは融合します。2つの粒子の トータルの状態は完全に把握できても、個々の粒子の状態は全くわからない。対になった2つの粒子は、その距離がいかなるものであろうと2つで1つのように振る舞います。
実験では3mの距離ですが、仮説ではその距離が宇宙の両端でも同じことです。アインシュタインはこの予言を信じず、不気味な遠隔作用(spooky action at a distance)と呼びましたが、数々の実験では量子もつれが事実存在することが確定しています」 量子テレポーテーションとは、「量子もつれ」の性質と「観測」を利用して、2つの粒子間の情報を同時に確定するというもの。誰かが片方の粒子を観測した途端、もう一方の粒子の情報が、あたかもテレポーテーションしたかのように
光速を超えて伝達するというとても奇妙な仕組みなのだ。

ハンセンは次の実験で1,300m離れた量子テレポーテーションに挑む予定。
http://irorio.jp/sakiyama/20140601/139456/


(この記事への反応)

すげえな!全っ然わからん

人間で実験したらグロ死しそうだな

相変わらずわけわかめ過ぎる
2重スリット実験だけでお腹いっぱいだわ

ついにハエ男が現実になるのか

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年6月21日 01:24
▽このコメントに返信

サッカーのチームかとおもた

2.とある名無しのオタコム2014年6月21日 01:24
▽このコメントに返信

量子コンピューター用の技術でしょこれ

3.とある名無しのオタコム2014年6月21日 02:01
▽このコメントに返信

頭のいい科学者なら、
一般人がわかるように説明しろや
バカか

4.とある名無しのオタコム2014年6月21日 02:10
▽このコメントに返信

剃!!

5.とある名無しのオタコム2014年6月21日 02:45
▽このコメントに返信

早い話がペアのサイコロが、どんなに離れていても両方同時に同じ目をだしてしまうようなことだとか

6.とある名無しのオタコム2014年6月21日 02:57
▽このコメントに返信

エンタングル

7.とある名無しのオタコム2014年6月21日 02:58
▽このコメントに返信

これ使えば地球と火星との間でタイムラグ無しで通信できるし、数光年離れた星間通信もタイムラグ無しでできるね。

8.とある名無しのオタコム2014年6月21日 03:03
▽このコメントに返信

テレポーテーションとかって紛らわしいな。
単に超光速通信とかでいいような?

9.とある名無しのオタコム2014年6月21日 03:17
▽このコメントに返信

量子もつれって何?

10.とある名無しのオタコム2014年6月21日 06:31
▽このコメントに返信

つまり量子化しただと!?

11.とある名無しのオタコム2014年6月21日 09:58
▽このコメントに返信

量子もつれーよ

12.とある名無しのオタコム2014年6月21日 10:24
▽このコメントに返信

すごく電気使いそうだな

13.とある名無しのオタコム2014年6月21日 12:21
▽このコメントに返信

テレポーダイ
地球、日本標準時間において23時~翌日8時までテレポ通信し放題
月々\19,980
by NTTコミュニケーションズ

14.とある名無しのオタコム2014年6月21日 12:30
▽このコメントに返信

これは情報の同期であって移動ではない
まあ、物質が情報の集まりと思えばそうとも言えなくもないが

15.とある名無しのオタコム2014年6月21日 12:50
▽このコメントに返信

( ゚∀゚)ハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

(゚□゚) さっぱりわからない

16.とある名無しのオタコム2014年6月21日 14:10
▽このコメントに返信

スタートレック

17.とある名無しのオタコム2014年6月21日 16:46
▽このコメントに返信

※3
一般人に説明するのは科学者の仕事じゃないから
っつーか聞きかじりで分かるような話でも無いだろうし
そんな話を学習コストも払わず理解しようというのが間違い

18.とある名無しのオタコム2014年6月21日 16:54
▽このコメントに返信

こっちでフラグ立てたら何故か向こうでもフラグ立つ、みたいのを利用してるだけで
別に物が移動するわけではない

19.とある名無しのオタコム2014年6月22日 01:09
▽このコメントに返信

量子兵器のフラグ来たな

20.とある名無しのオタコム2014年6月22日 10:26
▽このコメントに返信

100%精子量子テレポートかと思ったw

21.とある名無しのオタコム2014年6月22日 10:48
▽このコメントに返信

情報伝達速度の概念がなくなる日が来たのか。

22.とある名無しのオタコム2014年6月22日 23:55
▽このコメントに返信

トランザムライザーですね。わかります。

23.とある名無しのオタコム2014年6月23日 00:04
▽このコメントに返信

セレンがなんだて?

24.とある名無しのオタコム2014年6月23日 00:11
▽このコメントに返信

理屈は「お、おう」って感じにのみ込めても、どうしてそうなるのかまったく分からない
何で離れてても同じ動きをするのさ

25.とある名無しのオタコム2014年6月23日 01:17
▽このコメントに返信

3が馬鹿な事だけ分かった。

26.とある名無しのオタコム2014年6月23日 01:30
▽このコメントに返信

磁石のNとSを真ん中でぶった切って、N極だけの磁石、S極だけの磁石にした状態にする(ありえないけど)。
シャッフルしてどっちか解らなくした状況でお互いを遠く離れたA地点とB地点に置く。
別の磁石のS極をA地点の磁石に近づけるとA地点の磁石は離れるのでS極だとわかる。
同時にB地点の磁石はN局だとわかる。
仮にA地点とB地点が宇宙の端と端でも同時にわかる。つまり情報伝達が光速より超えてるからスゴイ。

こんな感じかな?

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間