相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年06月12日 20:06 コメントを見る

市販薬ネット販売、きょう正式解禁

薬剤師ィ

20140612193000

14

薬ネット販売 きょう正式解禁

劇薬などを除く、すべての市販薬のインターネット販売を認める改正薬事法が12日施行され、全国のおよそ1000の薬局やドラッグストアが新たに出来たルールのもとでインターネット販売を始める見通しです。

インターネットを使った市販薬の販売は、一部の薬を除いて薬事法で禁止されていましたが、最高裁判所が去年1月、国の規制は無効だという判決を言い渡し事実上解禁され、厚生労働省は販売に当たってのルールを改正薬事法でまとめ12日施行しました。
これによって、劇薬と副作用のリスクの評価が定まっていない薬、合わせて20種類を除いたすべての市販薬のインターネット販売が正式に解禁されます。
改正薬事法では、インターネットで販売できるのは実際に店舗を開いている薬局やドラッグストアに限られ、都道府県にホームページのURLを届け出たうえで、店舗の住所や薬剤師の名前をホームページに掲載するほか、患者が相談できる電話番号を明らかにすることになっています。
厚生労働省によりますと、各都道府県にホームページの開設の意向を伝えてきた薬局やドラッグストアは、ことし2月末の時点で1100余りあったということで、厚生労働省は、近くホームページで公表することにしています。
厚生労働省は、偽造されるなどした医薬品が流通したり、許可を得ていない業者がネットで販売したりしないよう民間の業者に委託して監視を行っているほか、各都道府県にも通報窓口を設けて監視態勢を強めることにしています。

「無許可業者や非承認薬」2か月で35件
薬のネット販売を巡るこれまでの議論では、悪質な業者によって承認されていない薬や有効成分が入っていない偽造された医薬品が出回ることを懸念する声がありました。
また、患者が悪質な業者から乱用のおそれがある薬を大量に購入するケースが出てくるのではないかという指摘もあります。
厚生労働省によりますと、薬局やドラッグストアの許可を得ていない業者が薬の販売サイトを開いたり、承認されていない医薬品を販売したりしたとして販売サイトを削除させたケースが先月末までの2か月間に35件あったということです。
厚生労働省は患者側に正規の手続きを踏んだ業者から購入してもらう必要があるとして、各社のホームページのURLのリストを近く公表するとともに、販売サイトに共通のロゴマークを掲載してもらうことも検討しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140612/k10015158541000.html


(この記事への反応)

薬剤師が不在(定時帰宅…)だから販売できませんとかわけのわからん制度も早く緩和してくれよ
どうせいるだけで何もしてねーし、あいつら

ガスター10買えるんか

薬剤師利権

サリドマイド事件の二の舞となる。
そうなってからでは、もう遅い。

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年6月12日 21:04
▽このコメントに返信

Amazonが捗るな

2.とある名無しのオタコム2014年6月12日 21:23
▽このコメントに返信

ネット販売か。。。悪用する人間いくらでもいるだろうに。アホだな、こんなことして

3.とある名無しのオタコム2014年6月12日 23:39
▽このコメントに返信

サプリとか毎日飲むような薬の予備にとかならわかるが
風邪薬とか買いに行った方が早いと思うんだがどうなんだ?

4.とある名無しのオタコム2014年6月13日 00:14
▽このコメントに返信

x 薬剤師利権の崩壊
o 登録販売者死亡

いまや市販薬は登録販売者の業界ですぞ。1類なんてのは、医療用医薬品を2類に移行までの準備期間に過ぎないし。(例:ボルタレンテープ)

5.とある名無しのオタコム2014年6月13日 00:39
▽このコメントに返信

米4補足。数字だしときます。

マイナビ公開の情報で、ドラッグストア大手のココカラファインを例にとると。2013年度の従業員10506名中、薬剤師はたったの1801名。

しかも、薬剤師は基本的に調剤担当者。店舗数は全国1200店舗を超えてますw

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間