相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2012年12月25日 09:50 コメントを見る

【訃報】「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さんが死去

20121225094538

肺がんのため



☆おすすめ☆


1 名前:帰社倶楽部φ ★ 投稿日:2012/12/25(火) 08:42:19.15 ID:???0

6a

自分の被爆体験を元にした漫画「はだしのゲン」で有名な漫画家・中沢啓治(なかざわけいじ)さんが19日、肺がんのため、広島市内の病院で死去した。73歳だった。葬儀は本人の意向で行わなかった。

中沢さんは広島市出身。6歳の時、爆心地から1.3キロの同市内の国民学校前で被爆。父と姉、弟を失い、直後に生まれた妹もまもなく亡くなった。中学卒業後、漫画家を志して上京。1963年のデビュー当初は原爆体験を秘していたが、66年の母の死への憤りをきっかけに、初めて原爆を題材にした作品「黒い雨にうたれて」を発表した。

73年に、週刊少年ジャンプ(集英社)に連載を始めた自伝的作品「はだしのゲン」は単行本だけで650万部を超すベストセラーになり、10カ国語以上に翻訳された。2009年には「ゲン」を含む全作品の原画を広島平和記念資料館に寄贈。近年は白内障で漫画の筆を折ったが、被爆体験を語る講演に精力的に取り組んでいた。

[朝日新聞]2012年12月25日8時22分
http://www.asahi.com/obituaries/update/1225/OSK201212250011.html
「はだしのゲン」(c)中沢啓治/汐文社

OSK201212250014 (1)

平和記念式典の会場に向かう中沢啓治さん=昨年8月6日、広島市中区の平和記念公園

OSK201212250013

中沢啓治さん=2009年6月撮影

OSK201212250012

16 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:44:46.89 ID:gOhDYbCo0
まあ、いろいろ言われているけど、
戦争はいけないよね。

「はだしのゲン」は、市井に生きる人々が、戦争でどれだけ
悲惨な目にあうか、という点を訴えている。
やはり名作だと思う。

ご冥福をお祈りします。

29 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:46:39.31 ID:kdQ1nd//0
図書室の主役だよな

32 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:47:13.24 ID:9uDAvOc90
小学生の時図書室でよく読んだな

78 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:53:29.13 ID:ZS3kxksQ0
はだしのゲンは良い漫画だった

ご冥福をお祈りします

87 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:55:48.70 ID:Jj0ON4yI0
この漫画と対馬丸のアニメはトラウマ
風が吹くときも

88 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:56:12.55 ID:ETac5YHG0
学校に必ずあった漫画

89 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/12/25(火) 08:56:15.70 ID:7FOi9hWl0
いい意味でも悪い意味でも子供に大きな影響与えた漫画だったな
世代間越えた漫画って意味じゃドラエモンやDB以上だったと思う
ご冥福をお祈りします


転載元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1356392539/

ご冥福をお祈りします

コメント

1.名無し2012年12月25日 10:15
▽このコメントに返信

マジか…
目が見えなくなって漫画描けなくなった頃からなんか不安だったんだが…そうか

2.とある名無しのオタコム2012年12月25日 10:28
▽このコメントに返信

はだしのゲンも名作だけどカープの漫画はずば抜けてると思う、現代でも十分通用する名作。

3.2012年12月25日 10:37
▽このコメントに返信

はだしのゲンは1巻は小学生の頃1番のトラウマだった…核の怖さ

4.2012年12月25日 10:55
▽このコメントに返信

正にクラスに一冊だったな
戦争の悲惨さを上手く子供に伝えてくれてると思う

5.大絶画2012年12月25日 11:00
▽このコメントに返信

ご冥福をお祈りします。

6.とある名無しのオタコム2012年12月25日 11:02
▽このコメントに返信

個人の持つ信条、イデオロギーとか別にして、読んでおくべき作品ではないかと思う。
被曝した絵描きさんの話は、福島から他の地方に移り住んでいる人達の境遇に似ているところがあるよな。
ご冥福をお祈りいたします。

7.とある名無しのオタコム2012年12月25日 11:18
▽このコメントに返信

3に同意
原爆落ちた後の人々の絵とか、もう見てられなかったもん。読んだのは小学生の頃でも、インパクトがありすぎて未だに忘れられない

8.とある名無しのオタコム2012年12月25日 11:40
▽このコメントに返信

巨星墜つ。
ガラスが女に刺さってる描写が当時9歳だった俺にはインパクト強かったな
ご冥福をお祈りします

9.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:01
▽このコメントに返信

被爆しても67年も生きることが出来ると世界に知らしめちゃうと平均寿命が67年より短い国の人たちには
核兵器の恐怖がまったく伝わらないね。
 67年より長い国々でも「そんなに生きられるんだ」と恐怖感めちゃ減り。
 そう考えると広島長崎での被爆体験者はもう被爆を「公言」しないほうがいいね。逆効果だから。

10.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:05
▽このコメントに返信

わたしが初めて読んだ戦争漫画が「はだしのゲン」でした。小学生だったわたしに、この漫画は戦争の全てを教えてくれました。ご冥福をお祈りいたします。

11.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:10
▽このコメントに返信

より多くの人を殺すためにエノラゲイは空襲警報解除で人々が防空壕から出てくるタイミングを見計らった反転爆撃を行ったとされる疑惑がある。
 実際、爆撃が空襲警報解除後に行われたこと、さらにアメリカがエノラゲイの日本上空での飛行ルートを公開していないこと(途中までは公開している)がその説の根幹。
 なお長崎のは「朝礼」狙い。やはりより多くの者を確実に殺すために。

12.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:19
▽このコメントに返信

連載中に読んだときは確かに原爆の恐怖を感じた。
だが・・・被爆してもなおここまで生きられるとなると
今となっては恐怖激減。
 ほとんど使えない核より、今なお使い続けられている通常兵器による爆撃のほうが怖いわ。

13.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:23
▽このコメントに返信

ついこないだ新聞に記事があったな
癌で自分の最後を迎えるまでに少しでも核の恐ろしさを伝えていきたいと
ご冥福をお祈りします

14.とある名無しのオタコム2012年12月25日 12:42
▽このコメントに返信

小学校の頃メッチャお世話になった漫画でした。
ご冥福をお祈りします。

15.1216衆院選は不正選挙2012年12月25日 13:31
▽このコメントに返信

※9
実際、80、90を超えて尚存命の被爆者もかなりいる。何はともあれ、御冥福を御祈りすると共に、鬼畜アメ肛への復讐を誓う。

16.とある名無しのオタコム2012年12月25日 14:14
▽このコメントに返信

小学校の頃の自分に影響を与えた漫画でした。
ご冥福をお祈りします。

17.とある名無しのオタコム2012年12月25日 15:06
▽このコメントに返信

ウジ虫ご飯がトラウマだったなぁ
はだしのゲン目当てで図書室何度通ったか覚えてない

18.とある名無しのオタコム2012年12月25日 17:33
▽このコメントに返信

共産党のプロパガンダ漫画を描いてた奴か
段々と反天皇、反米、反日と変わって言ったのを覚えてる

19.とある名無しのオタコム2012年12月25日 18:42
▽このコメントに返信

グギギ・・・

20.とある名無しのオタコム2012年12月25日 19:34
▽このコメントに返信

作品や思想は置いといてこの人の漫画に対する積み重ねは敬意に値するよ
打ち切りばっかだけどアシスタントとか雇わないで画家と漫画の練習を血のにじむほどこなしてたそうだし
核の恐ろしさとその影響はこの漫画で学べるよ

21.ななし2012年12月25日 20:55
▽このコメントに返信

子供が見るからといって、レイプやコンドーム等、一切手を抜いてなかったよな。

22.とある名無しのオタコム2012年12月25日 23:24
▽このコメントに返信

はだしのゲンよりクロがいた夏の方が印象が強い自分・・・・

23.とある名無しのオタコム2012年12月26日 01:01
▽このコメントに返信

子供の頃に読んで戦争の悲惨さや原爆の恐ろしさ、そして家族や仲間が死んでいく悲しさを教えてもらいました。今でも強く印象に残っています。
ご冥福をお祈りします。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間